Twitter

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 新著『教育原論』『あたらしい国語科指導法改訂版』発売 | Main | 5/28千葉授業づくり研究会(テレビゲームとのつきあい方)開催 »

2005.04.15

『はい!テレビ朝日です』第3弾放映

 ゆりの木商店街と連携して行った千葉大学附属小のメディアリテラシー教育実践が紹介されているテレビ朝日『はい!テレビ朝日です』で、4月17日(日)朝5:00~5:30の枠でまた千葉大学附属小の実践が取り上げられる予定です。今回で第3弾となります。関東地区のみの放映ですが、ぜひご覧ください。

« 新著『教育原論』『あたらしい国語科指導法改訂版』発売 | Main | 5/28千葉授業づくり研究会(テレビゲームとのつきあい方)開催 »

「お知らせ」カテゴリの記事

「ディベート」カテゴリの記事

「メディアと教育」カテゴリの記事

「西千葉地区」カテゴリの記事

Comments

ゆりの木商店街の取り組み,おもしろく見せていただきました。
地域に働きかける授業として,かなりハイレベルな授業ですね。
ネットワーク誌に書かれているとおり,「ごっこではない。現実の社会を相手にしているため,自分たちの都合を優先できない難しさ」というところはまさに地に働きかける授業の特徴だと思います。それが子どもの本物のやる気を引き出している点でもあります。
 キャリア教育と学校と地域との連携は今後の重要課題だと私も思います。

 キャリア教育と学校と地域との連携で思い出したのですが、文部科学省の合唱団:コーロ・アペは元文部大臣:遠山氏が結成され、数年前虎ノ門ホールでお伺いしたっきり?状態になっておりますけれども、流石に近隣の四谷小学校の児童も混ざったり各関係者も招待したりとその点では優れていた(指導の先生も数名で偏らない)のではないでしょうか。今肝心の文科省はさまよっていると言われますけれども・・・。[因みに私は「英楽会」を作りましたのでどうそ宜しく!]
 財務省の合唱団:コール・コスモスは日本産業音楽祭(後援:厚生労働省?)に長年出場してきて歴史がありますが、指導する阿部葉子氏(九州出身・芸大院卒[ドイツオペラ?])が橋本元首相の麻布高校PTAや浅草フォーリアを指導・財務省のOBに見初められ来られているようで、いつぞや審査員の佐々木行綱氏が「団員の能力があって良いだけに、いつまでも葬式音楽では労働意欲がそがれるのでは?」という厳しい批評を受けたものの今もその状態でしょうか。多少日本のポップスも取り入れられ(コンクールとか発表会では歌わない)、私の好きなゆーみん(八王子市出身)の「卒業写真」や平井堅さんの「大きな古時計」に関する楽譜も頂きましたが、私が歌うと好評ではなくきょんきょんの「何てったってアイドル」といった乗りの方が喜ばれる傾向にあります。
 それから最近外務省大臣官房会計課経理室にてお手伝い(採用ミスマッチなんていうTV番組が放映されたばかり・・・)をしておりますが、田中元外務大臣(新潟出身)が「外務省は伏魔殿」と言われ「誰が私の足をひっばるのか分からない」というコメントは受けたのを思い出しました。経理室のOA・研修担当の板垣さん[3種女性職員](衆議院に像のある板垣退助と関係有りか?)の下で私の前任者(夫・子供有り)は「入省許可書」も「ID/パスワード」ももられず実際にきちんと仕事を出来ないまま辞め私も過労で体調を崩し休養しております。貸与されたノート型パソコンで、以前NIIに来られていたロシア科学アカデミーの先生から頂いた「ラフマニノフ」音楽CDが音量を最大10にしても耳を近付けないと聞こえない程端末ががんがん起動しているのかと先日試してみて驚きました。「心に太陽を、唇に歌を持て」と言いますが、音楽カセット・CDプレーヤーもなく、お昼や終了時に音楽が鳴った学校時代などが懐かしいです。
 外務省ではお昼に国交省と総務省の食堂に行くのを奨励されていますが、今度は総務省の診療所とか音楽隊の演奏を聴ければ良いのですけれど、叶わぬ夢と終わるような気がします。外務省一階には連日テレビ局の方が来られていますが、以上のような事が新聞報道など一切されずに今まできたとしたら(何のためにビデオや写真をとっていたのか)とても不思議で、新聞もろくに読めない外務省を反映するかのように新聞購読者も減って、必要不可欠な「メディアリテラシー教育」の先行きが案じられます。- 長い乱文にて失礼 -

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20600/3710955

Listed below are links to weblogs that reference 『はい!テレビ朝日です』第3弾放映:

« 新著『教育原論』『あたらしい国語科指導法改訂版』発売 | Main | 5/28千葉授業づくり研究会(テレビゲームとのつきあい方)開催 »