Twitter

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

2007.01.20

2/14、大阪でキャリア教育推進フォーラム「企業が子どもたちに伝えたいこと」開催

 来る2月14日(水)、大阪商工会議所にて、キャリア教育推進フォーラム「企業が子どもたちに伝えたいこと」が開催されます。藤川がシンポジウムのコーディネータとして参加するほか、NPO法人企業教育研究会と関わって授業づくりを行ってきた企業等のみなさんが実践報告をされます。多くの方々のご参加をお待ちしております。

案内ページ http://www.career-osaka.jp/forum070214/index.html

2/4他、千葉県NPO活動発表会開催

 千葉県は、県内4ヶ所で千葉県NPO活動発表会を開催します。

 このうち、2月4日(日)、千葉市ハーモニープラザ・女性センターで開催される中央地区の発表会では、14:15~15:30に行われる「NPOの悩み解決 気づきのフォーラム」に藤川もパネリストとして参加します。

 多くの皆様のご参加をお待ちしております。

案内ページ http://www.chiba-npo.jp/koubo/H18happyoukai-top.html

3/4、携帯フォーラム イン 千葉「おやじ!知ってくれ ~子どもと携帯~」開催

 来る3月4日(日)、蘇我勤労市民プラザにて、携帯フォーラム イン 千葉「おやじ!知ってくれ ~子どもと携帯~」 を開催します。

告知ページ http://oyaji-nippon.org/puki/index.php?FrontPage%2F2007-03-04

 概要は以下の通りです。多くの方々のご参加をお待ちしています。

◆日 時 平成19年3月4日(日)13:00~16:00
◆場 所 蘇我勤労市民プラザ (JR、京葉線、 蘇我駅前)
千葉市中央区今井1-14-43 電話043-266-5504
◆定 員 300名 先着順 (申し込み、問い合わせ先は裏面)
◆主 催 千葉県内おやじの会有志 おやじ日本
◆共 催 ネット社会と子どもたち協議会
◆後 援(交渉中) 千葉県教育委員会 千葉市教育委員会 ほか
◆内 容 パネルディスカッション 「おやじ!知ってくれ ~子どもと携帯~」
 コーディネーター 藤川大祐氏(千葉大学教育学部助教授)
 パネラー 永井正直氏(e-ネットキャラバン運営協議会事務局長)
 保護者 (交渉中)
 先生  (交渉中)
◆参加対象 おやじの会、PTA、学校関係者、ほか関心のある方

2/23、文部科学省「有害情報対策のためのネットワーク推進フォーラム」を開催

 来る2月23日(金)、国立オリンピック記念青少年総合センターにて、文部科学省は、「有害情報対策のためのネットワーク推進フォーラム」を開催 します。

報道発表ページ http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/01/07011202.htm

 プログラムは以下の通りです。多くの方々のご参加をお待ちしています。

【プログラム】
12時30分~ 受付開始
13時~13時10分 ▽開会の挨拶

13時10分~14時 ■基調講演 下田 博次氏(群馬大学大学院 教授)
「有害情報から子供を守るネットワークづくり-群馬県の取組から見えてきたこと-」

14時~15時 ■セッション 第1部【有害情報対策の最新事情】
 大久保 貴世氏(財団法人インターネット協会 主任研究員)
  「インターネット上の違法・有害情報の通報窓口に寄せられた事例から」
 藤川 大祐氏(千葉大学教育学部 助教授)
  「有害情報対策としてのメディアリテラシー教育の取組み」
 坂元 章氏(お茶の水女子大学文教育学部 教授)
  「海外の有害情報対策事情」

15時10分~15時40分 ■セッション 第2部【地域における有害情報対策の取組事例】
石川県野々市町における携帯電話対策の取組『プロジェクトK(携)』
 秋田県における有害情報対策-始まった地域のネットワークづくり-

15時40分~15時55分 ▽質疑応答

15時55分~17時25分 ■パネルディスカッション【有害情報対策のためのネットワークづくり】 [パネリスト]
坂元 章氏 (お茶の水女子大学文教育学部 教授)
 新谷 珠恵氏 (社団法人東京都小学校PTA協議会 会長)
 永井 正直氏 (財団法人マルチメディア振興センター 技術調査部長)
 藤川 大祐氏 (千葉大学教育学部 助教授)

[コーディネーター]
藤原 一成氏 (文部科学省スポーツ・青少年局青少年課 青少年有害環境対策専門官)

17時25分~ 閉会の挨拶

1/28(土)千葉授業づくり研究会「身体と学び」開催

 来る1月28日(日)、千葉大学教育学部1303教室にて、千葉大学教育学部藤川研究室・NPO法人企業教育研究会主催「千葉授業づくり研究会」を開催します。今回はNHK大河ドラマ「義経」の芸能考証も担当した演劇学・民俗学の研究者である橋本裕之千葉大学文学部教授をお招きし、「身体と学び」について議論します。

 私たちは、高度情報社会となった現在、子どもたちに育成すべきは、知識よりも身体能力にもとづく知恵だと考えています。私たちも、「演劇で算数」「ダンスで理科」や、ものづくりに関するキャリア教育等、身体性を重視した授業実践を開発してきました。これからの授業づくりに大きなヒントとなるであろう重要な研究会です。皆様のご参加をお待ちしています。

 詳細は、以下の通りです。


●第30回定例会「千葉授業づくり研究会」

<日時> 平成19年1月28日(日) 16:30~19:00

<会場> 千葉大学教育学部1303教室
   ・JR「西千葉駅」下車 徒歩10分
   ・京成「みどり台」下車 徒歩10分

<内容> 『身体と学び』

 今回は、千葉大学文学部教授で演劇学・民俗学を研究されている
 橋本裕之先生をお招きして「身体と学び」についてお話いただきます。
 先生が研究されている民俗芸能の事例をふまえながら、
 身体で学ぶとはなにか?演劇教育のあり方は?
 などを詳しくお聞きしたいと思います。

<講師> 橋本裕之先生(千葉大学文学部教授)

【プロフィール】
 1961年大阪生まれ。
 早稲田大学大学院文学研究科博士課程芸術学(演劇)専攻退学。
 文学博士。国立歴史民俗博物館助教授、アイオワ大学人類学部客員准教授などを経て現職。
 専攻は演劇学・民俗学。近著に「演劇の精神史-中世芸能の言説と身体」(岩波書店,2003年),「心をそだてる子ども歳時記12か月」(講談社,2005年),「民俗芸能研究という神話」(森話社,2006年)などがある。
 2005年、NHK大河ドラマ「義経」の芸能考証を担当した。

<告知>
 橋本先生は、2月25日(日)に、
 「房総発見伝 in 狂言 抱腹絶倒ちばわらい」
 http://chibakyogen.kustos.ac/
 を開催する予定です。ぜひこちらもご参加ください!
 (チケットは研究会当日に購入することも可能です!)

<参加費>
 ・ 2,000円(会員は1,000円)なお,学生は500円。
 (会員とは,企業教育研究会会員を指します。)

<参加申し込み方法>
 参加を希望される方は、
 1)氏名 2)会員・非会員の別 3)〒・住所
 4)電話 5)メールアドレス 6)勤務先
 を明記し、下記宛にメールかFAXで
 お申し込みください。
 E-mail:info@ace-npo.org
 FAX:020-4663-5605

<今後の授業づくり研究会>
 2月24日(土) 現在、東京都内で開催するべく調整
 3月17日(土) 千葉大学内でACEの授業の年間報告(予定)

2/3(土)卒論等発表会「エデュテイメント・フェスタ」開催

 来る2月3日(土)午後1時~5時、千葉大学教育学部2号館2階2207教室にて、藤川研究室卒論等発表会「エデュテイメント・フェスタ」を開催いたします。
 私の研究室の学生・院生・研究生による卒業論文・修士論文等の成果発表と、私が担当する演習「授業実践開発演習」で製作した映像作品の上映を行います。教育にエンタテインメントをという発想から、発表会自体もエンタテインメント性の高いものにしようと、学生たちが準備を進めております。
 多くの方のご来場をお待ちしております。

文部科学省、リーフレット「ちょっと待って、ケータイ」を全国の小6に配布

Chottomatte
 1月15日、文部科学省は、携帯電話に関するリーフレット「ちょっと待って、ケータイ」を、全国の小学校6年生約120万人に配布することを発表しました。(発表資料

 このリーフレット作成には、藤川も協力させていただきました。携帯電話に関わる事件・トラブル等の事実を豊富に盛り込み、小学校6年生にとって情報価値の高いものにしたつもりです。

 このリーフレットはA3版1枚両面印刷を折りたたんだ形になっており、文部科学省の「ちょっと待って、ケータイ」リーフレットのページからダウンロードすることもできるようになっています。

 小学校6年生に限らず、携帯電話に関わる学習・指導に広く活用していただくことを願っています。

ダウンロードページ http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/ikusei/taisaku/07011204.htm


« December 2006 | Main | February 2007 »