Twitter

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

2008.11.27

読売新聞「ネット社会」にインタビュー掲載

 本日2008年11月27日付読売新聞朝刊に、「ネット社会 未来と課題 有識者に聞く」というページが設けられており、私のインタビュー記事が「負の側面 子どもに周知を」という見出しで掲載されています。ぜひお読みください。

2008.11.25

中京テレビフォーラム

 昨日、名古屋の中京テレビ内で行われた「中京テレビフォーラム」に参加させていただきました。27人の高校生が、「テレビとケータイ」について真摯に話し合ってくれました。高校生たちの雰囲気がとてもよく、進行のアナウンサーの方々もスタッフの方々も一つ一つの問題を丁寧に扱って進行してくださいました。このフォーラムの模様は、中京テレビで12月27日(土)午前11:35~正午に放送されますので、愛知・岐阜・三重の方はぜひご覧ください。
 司会をしてくださった我妻アナウンサーが、さっそくブログに書いてくださっています。こちらもぜひご覧ください。

2008.11.22

「ネットいじめに向き合うために」DVD発売と再放送のご案内

 この夏放送され大変好評だったNHK教育テレビ「ネットいじめに向き合うために」がDVD化され、NHKエンタープライズから12月1日に発売されます。また、12月22日(月)午前10時~10時30分にNHK教育テレビで再放送されます。ミニドラマを見て話し合ってもらうことで、ネットいじめに関する指導ができる教材です。多くの方にご活用いただきたいと思います。
 DVDについての詳細は、こちらをご覧ください。

2008.11.17

日本テレビ「スッキリ!!」でコメント

 本日朝の日本テレビ系「スッキリ!!」で「小中学生のケータイ 必要? 不必要?」というテーマが取り上げられており、電話でコメントしました。限られた時間の中で、私のコメントは「ケータイ必要論」のように取り上げられていましたが、私の基本的な考え方は「各家庭が責任をもつ」「バランスが重要」ということです。その後の出演者の方々のトークは、バランスがとれていて好感が持てました。

2008.11.16

妙高市の携帯電話禁止提言について

 新潟県妙高市が中学生以下の携帯電話使用禁止を提言するということが報じられ、私のコメントも産経新聞に掲載されています。私の見解は、以下の通りです。

・地域での取り組みには、石川県野々市町の例などもあり、おそらく子どもの携帯電話所持率を下げる効果は高いであろう。また、これによって中学生以下がネットいじめや詐欺等の問題に巻き込まれる可能性もかなり下がるであろう。
・しかし、持たせなければよいというものではない。持たせないことに拘束力はないので携帯電話に関するトラブルがゼロになるというわけではないだろうし、中学を卒業したらおそらく多くの者が携帯電話をもつようになる。ある地域の高校1年生がみんな携帯電話初心者という状況では、新たなトラブルが生じる恐れもある。
・子どもの健全育成には、生活上の諸要素のバランスをとることが何よりも重要である。携帯電話を禁止にするという選択肢はありうるが、子どもたちに多様な他者とのコミュニケーションをどのようにとらせ、どのような体験をさせ、どのように居場所をつくっていくかということを総合的に考える必要がある。

産経新聞の記事より)
 日本PTA全国協議会顧問の赤田英博氏は「携帯は単なる電話でなく、ネットに接続できる端末で子供たちは直接、有害情報にさらされている」と、妙高市の取り組みが全国に広がることを期待している。一方、携帯の問題に詳しい千葉大の藤川大祐准教授は「中学卒業後、子供たちは携帯を持つようになる。行動範囲も広がる高校生が携帯の初心者というのも危険ではないか」。

2008.11.07

千葉授業づくり研究会-地上デジタル放送等

 私の研究室と企業教育研究会では、下記のように研究会を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしています。

●第48回定例会「千葉授業づくり研究会」

テーマ 『映像情報サービスの仕組みと可能性について知る』

放送のデジタル化、通信のブロードバンド化、
モバイル機器の普及など、急速に発展する情報通信社会。
こうした時代の中で、ケーブルテレビは
地域に密着した情報通信インフラとして、
行政、医療機関、学校、企業等とも連携して
地域の暮らしを支えています。

今回はCATVシステムの開発・設計・構築を
行っている株式会社ブロードネットマックスを講師に迎え、
便利で快適な暮らしを実現する情報通信インフラの役割と
可能性についてご紹介いただきます。

日時 : 11月15日(土) 16:00~19:00

ゲスト:
岡部 幸治氏
辻 清美 氏
(株式会社ブロードネットマックス)

場所 : 千葉大学教育学部2111教室(2号館・離れの1階)
(JR総武線・西千葉駅もしくは京成千葉線みどり台駅いずれも徒歩10分)

スケジュール(予定):
16:00-16:15  参加者がそれぞれ自己紹介
16:15-17:15  講師の方の講演
途中,休憩をはさむ
17:15-18:45  質疑応答・自由議論
19:00-     西千葉駅近くのお店で懇親会
(終了後、近くで懇親会を開催します)

参加費:2,000円(会員は1,000円)なお、学生は無料。
(会員とは、企業教育研究会会員を指します。)

参加申し込み方方法:
参加を希望される方は、
1)氏名 2)会員・非会員の別 3)〒・住所
4)電話 5)メールアドレス 6)勤務先
を明記し、下記宛にメールかFAXでお申し込みください。
E-mail:info@ace-npo.org FAX:020-4663-5605

お問い合わせ:
NPO法人企業教育研究会(担当:市野)
043-308-7229 ichino@ace-npo.org

2008.11.05

ベネッセのサイトに記事掲載

 ベネッセコーポレーションのサイトに、私のインタビュー記事「これからのネット社会における子育て -保護者が責任をもって、子どもとケータイについて考えよう-」が掲載されています。

OECDで携帯電話について報告

 去る10月24日(金)にフランス・パリのOECD本部にて開催されたOECDの消費者教育会議で、日本における子どもと携帯電話に関する問題について報告しました。下記サイトにプログラムと発表資料が掲載されています。(英文)

http://www.oecd.org/document/3/0,3343,en_2649_34267_41331203_1_1_1_1,00.html

« October 2008 | Main | December 2008 »