Twitter

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« KDDIの「利用者登録制度」 | Main | 文部科学省の「学校への携帯電話持ち込み禁止」について »

2009.01.20

福岡県芦屋町の「こども、脱ケータイ宣言」についてコメント

 本日の新聞等で、福岡県芦屋町が「こども、脱ケータイ宣言」を出し、町内の小中学生に原則携帯電話を使わせない方針だということが報じられている。強制力がないとはいえ、地方自治体が携帯電話使用禁止を宣言するのは異例のことだ。
 私は、地方自治体がこのような宣言を出すことは適切ではないと考える。理由は以下である。

1.禁止という措置は自由権を制約する最終手段であり、フィルタリングの普及、ルールづくり、教育の推進等の必要な措置をまず進めるべきで、それでも問題が十分に防げないと考えられる場合に検討されるべきものである。芦屋町がこれまで十分な取り組みをしたということは説明されておらず、いきなり禁止を宣言するのは行きすぎである。

2.強制力がない宣言をしても、問題の抑止につながるとは考えにくく、自治体として強く策に出たというポーズを示したにすぎない可能性がある。この宣言をもって実効的な策がむしろ止まってしまう恐れがある。

3.小中学生に持たせなくても、おそらく中学卒業後には9割以上の者が携帯電話を利用する可能性があり、それまで利用経験もなく特段の教育を受けていない初心者ばかりが地域の中に大きくなったら、むしろそこで問題が発生する可能性がある。

4.保護者が共働きの家庭など、子どもとの連絡をとるために携帯電話がないと非常に困る場合がある。そうした状況への配慮が見られない。

 携帯電話に関する問題の背後には、子どもがおかれている地域社会の状況や家庭環境がある。携帯電話を禁止するだけで子どもの状況が改善できるわけではない。地方自治体が取り組むべき課題は、別にあるはずである。


« KDDIの「利用者登録制度」 | Main | 文部科学省の「学校への携帯電話持ち込み禁止」について »

「メディアと教育」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。ケータイの禁止につきましては、ケータイの利用方法に関して、教育を受ける権利が十分に保障されること、制限に関して、子どもの意見表明権が保障されるということがあってもいいのではないかと考えます。

こんにちは。ケータイの禁止につきましては、ケータイの利用方法に関して、教育を受ける権利が十分に保障されること、制限に関して、子どもの意見表明権が保障されるということがあってもいいのではないかと考えます。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20600/43800783

Listed below are links to weblogs that reference 福岡県芦屋町の「こども、脱ケータイ宣言」についてコメント:

« KDDIの「利用者登録制度」 | Main | 文部科学省の「学校への携帯電話持ち込み禁止」について »