Twitter

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009

2009.02.27

第14回ディベート甲子園の論題を発表

 今年夏に開催される第14回ディベート甲子園(全国中学・高校ディベート選手権)の論題が本日発表されました。以下のように、今年も非常にホットな問題を取り上げています。

中学: 「日本はすべての乗用自動車を電気自動車に切り換えるべきである。是か非か」
*乗用自動車とは、主に人の移動に使用される定員10人以下の自動車とする。
*電気自動車とは、二次電池、太陽電池、燃料電池からの電気のみを動力源とする自動車とする。
*2026年1月1日以降、国内では 電気自動車以外の走行を禁止するものとする。

高校: 「日本は国会を一院制にすべきである。是か非か」
*参議院を廃止するものとする。

 大会に関して詳しくはは、全国教室ディベート連盟ホームページをご覧ください。多くの中学・高校の出場を願っております。


2009.02.26

文部科学省「子どもと携帯電話等の..」調査結果速報

 本日の新聞各紙で大きく報じられていましたが、文部科学省が「子どもの携帯電話等の利用に関する調査結果(速報)」を発表しました。以下のサイトに掲載されています。

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/02/1246177.htm

 私はこの調査の検討委員会委員をつとめていることもあり、いくつか取材を受けました。本日の朝日小学生新聞にコメントが掲載されており、明日のNHK「おはよう日本」でも私のコメントが流される予定です。

 今回の調査では、高校生の半数近くが自分のブログやプロフを公開した経験をもっていること、一部のヘビーユーザーに深刻な生活習慣の乱れがうかがわれること、学習の機会がある子どもや保護者はルールづくりや生活習慣のコントロールがうまくいっている傾向があること等、興味深い内容が多く明らかになっています。

 明後日開催のメディアリテラシー教育研究会「考えよう、ケータイ@横浜」でも、この調査の結果についてお話しさせていただく予定です。


2009.02.24

大分・別府での「間違いだらけのケータイ論議」記事

 去る2月19日(木)~20日(金)に大分県別府市で開催されたハイパーネットワーク社会研究所主催のワークショップで発表をさせていただいたところ、Internet Watchの記事で私の発表内容が詳しく紹介されました。ぜひお読みください。

▽「間違いだらけのケータイ議論」千葉大の藤川准教授が指摘
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2009/02/23/22545.html

2009.02.19

高松で「保護者と先生のケータイ研修会」

 昨日、香川県高松市で行われた「保護者と先生のケータイ研修会」(内閣府・香川県主催)に講師として参加しました。約350名の保護者、教員、保護司等の方が参加され、大変熱心に議論がなされました。この様子が、以下の読売新聞サイトに掲載されていますので、ご覧いただければ幸いです。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagawa/news/20090218-OYT8T00973.htm

2009.02.09

第2回「犯罪からの子どもの安全」シンポジウム

 (独)科学技術振興機構 社会技術研究開発センターの第2回「犯罪からの子どもの安全」シンポジウムが開催されます。私も関わっており、非常に重要な内容です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。


◇◆◇―――――――――――――――――――――――――――――◆◇◆

第2回「犯罪からの子どもの安全」シンポジウム
被害実態をつかむ ― 子どもたちの叫びが聞こえますか ―

◇◆◇―――――――――――――――――――――――――――――◆◇◆


日時:2009年3月10日(火)10:00~17:30
会場:東京大学生産技術研究所 An棟2階 コンベンションホール
参加費:無料
定員:250名
主催:(独)科学技術振興機構 社会技術研究開発センター

お申込はこちら → http://www.ilcc.com/kodomo_sympo/index.html

---------------------------------------------------------------------
【開催趣旨】

社会技術研究開発事業「犯罪からの子どもの安全」研究開発領域では、
防犯対策が効果的で持続的な取り組みとなるよう、関与者のネットワーク
づくりと、公募型の研究開発プログラムを推進しています。

本シンポジウムでは、犯罪からの子どもの安全を考える上で基礎となる、
「子どもの犯罪被害の実態把握」をテーマに、警察、医療、司法、情報空間
など、異なる視点・角度からこの問題について考えていきます。
また、これまでに採択した8つの研究開発プロジェクトによるポスター
発表を行い、参加者の皆様と直接対話する場を設けました。

多くの方々のご参加をお待ちしています。


【プログラム】

10:00~10:15 イントロダクション
◇ 開会挨拶・領域の紹介
片山 恒雄 領域総括 / 東京電機大学未来科学部 教授


10:15~11:45 講演
◇ 子どもの被害・ヒヤリハット ― 危険を測る「ものさし」をつくる ―
原田 豊 科学警察研究所犯罪行動科学部 部長

◇ 子どもの傷痕から犯罪を見抜く ― 医学と工学からのアプローチ ―
山中 龍宏 (独)産業技術総合研究所CIPEC 代表 /
緑園こどもクリニック 院長


11:45~14:00 来場者との対話・昼食休憩
◇ ポスターセッション : 8研究開発プロジェクト
◇ 平成21年度公募相談 : 社会技術研究開発センター


14:00~15:30 講演
◇ 子どもたちの証言 ― 事実を聴き出す面接法 ―
仲 真紀子 北海道大学大学院文学研究科 教授

◇ 危ないネット遊びの実態 ― ネットいじめの特徴と対策のあり方 ―
下田 博次 NPO法人青少年メディア研究協会 理事長


15:30~15:50 コーヒーブレイク


15:50~17:10 パネルディスカッション
◇ 具体的解決策に向けて ― 現状を知ることから始めよう ―
コーディネーター: 新谷 珠恵 (社)東京都小学校PTA協議会 会長
パ ネ リ ス ト : 下田 博次、仲 真紀子、原田 豊、山中 龍宏


17:10~17:30  
◇ 次年度公募に向けたメッセージ・ 閉会挨拶


---------------------------------------------------------------------

【参加登録に関するお問い合わせ】

(株)ILCC内「犯罪からの子どもの安全」シンポジム参加登録事務局
TEL:03-5562-3677 / FAX:03-5562-3666
E-mail:kodomo_sympo@ilcc.com

2009.02.05

「考えよう、ケータイ」セミナー@横浜

 メディアリテラシー教育研究会の特別版として、「考えよう、ケータイ」セミナー@横浜という研修会を開催します。この1年間のメディアリテラシー教育研究会の成果をご紹介し、千葉でのセミナーとは別の模擬授業を体験していただき、横浜で実践の場におられる方々と議論していきます。多くの方々のご参加をお待ちしております。詳細は、以下の通りです。


第14回メディアリテラシー教育研究会のご案内

テーマ:「考えよう、ケータイ」セミナー@横浜

主催:日本メディアリテラシー教育推進機構
特定非営利活動法人 企業教育研究会

後援:神奈川県教育委員会(申請中)横浜市教育委員会(申請中)
千葉大学教育学部

日 時:2009年2月28日(土)14:00~17:00(受付13:45より)
場 所:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1
横浜谷川ビルディングANNEX 地下2階
TKP横浜駅西口ビジネスセンター ホールA
(横浜駅西口徒歩5分)
http://tkpyokohama.net/access/index.html   

参加費:無料
定 員:100名

携帯電話やインターネットなどのメディアに子どもが日常的に触れるように
なり、さまざまな問題が起きています。情報の「受け手」としてだけでなく
「送り手」として、携帯電話の利用に対する正しい知識など、学校や地域・家
庭の中でもその能力の育成が求められています。

そこで28日の研究会では、これまでの開催形態から変えて、広い会場で、よ
り多くの方に集まっていただけるように「考えよう、ケータイ」をテーマに、
情報モラルや教育やメディアリテラシー教育の実務に役立てていただけるセミ
ナーを開催いたします。

講演やソフトバンクモバイルとNPO企業教育研究会が共同で開発した教材
「考えよう、ケータイ」の授業実践の報告をはじめ、会場である横浜市内の先
生方や関係者を交えてのパネルディスカッションを開催します。参加者とも意
見を交換しながら、今後のメディアリテラシー教育について考えます。

皆様のご参加をお待ちしております。

<日 程>
13:45~   受付開始
14:00-14:40 講演「子どもとインターネット、携帯電話の現状と授業実践」
藤川大祐(千葉大学教育学部 准教授)
14:40-15:10 実践報告
「考えよう、ケータイを使った情報モラル授業」
古谷成司氏(富里市教育委員会 指導主事)
15:20-16:50 パネルディスカッション
「子どもと携帯電話~学校、家庭、地域の現状とこれから~」
パネリスト
宮下美奈氏(横浜市立緑が丘中学校教諭)
大越雅也氏(横浜市PTA連絡協議会副会長)
森田伸一氏(横浜市教育委員会事務局児童・生徒指導担当係長)
北村明裕氏(横浜市立上の宮中学校教諭)
コーディネーター
藤川大祐(千葉大学教育学部 准教授)

*終了後、懇親会を行う予定です。

【お申し込み・お問い合わせ】
事前にE-mailでお願いします。 
ichino@ace-npo.org (NPO法人企業教育研究会 市野)

2009.02.04

「考えよう、ケータイ」セミナー@ちば

 下記のように、千葉大学で「考えよう、ケータイ」セミナー@ちばを開催いたします。参加してくださった学校関係者にはDVD付き指導案を差し上げるという特典もあります。多くの方のご参加をお待ちしております。

●第49回定例会「千葉授業づくり研究会」

『小・中・高等学校教育関係者に向けた「考えよう、ケータイ」セミナー@ちば』

携帯電話は、ここ数年で急速に子どもたちの間に普及し、子どもたちが
メールやインターネットを利用することが一般的になってきました。
いま、情報モラル教育の一環として、携帯電話の利用に対する正しい
知識について、すべての学校で必要な指導が行われるようになることが
求められています。

「考えよう、ケータイ」をテーマに、情報モラル教育の実務に
役立てていただけるセミナーを開催いたします。

日時 : 2月21日(土) 14:00~17:00

場所 : 千葉大学教育学部2111教室(2号館・離れの1階)
(JR総武線・西千葉駅もしくは京成千葉線みどり台駅いずれも徒歩10分)
※通常の例会と開催時間が変わります。ご注意ください。

スケジュール(予定):
14:00-14:40
講演 「子どもと携帯電話をめぐる問題とその指導」
千葉大学教育学部(教育方法学、授業実践開発) 准教授 藤川大祐
14:40-15:00
講演 「携帯事業者としての取り組み」
ソフトバンクモバイル株式会社 CSR推進部
15:00-15:30
実践紹介 「考えよう、ケータイを使った情報モラル授業」
富里市教育委員会 指導主事 古谷成司氏
15:40-16:50
質疑応答、自由討議
17:00-   西千葉駅近くのお店で懇親会
(終了後、近くで懇親会を開催します)

参加費:無料

参加申し込み方方法:
参加を希望される方は、
1)氏名 2)会員・非会員の別 3)〒・住所
4)電話 5)メールアドレス 6)勤務先
を明記し、下記宛にメールかFAXでお申し込みください。
E-mail:info@ace-npo.org FAX:020-4663-5605

お問い合わせ:
NPO法人企業教育研究会(担当:市野)
043-308-7229 ichino@ace-npo.org

2009.02.02

シンポジウム「青少年とケータイ・メディア」

 来る2月11日(祝)、千葉市稲毛区天台の千葉県青少年女性会館にて、シンポジウム「青少年とケータイ・メディア」を開催します。多くの皆様のご参加をお待ちしております。詳細は以下をご覧ください。

http://www1.ocn.ne.jp/~cpywa/kakushujigyo/consosheam/symposium.html

« January 2009 | Main | March 2009 »