Twitter

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« May 2009 | Main | July 2009 »

June 2009

2009.06.29

本日NHK「ニュース7」等にVTR出演

 石川県の条例に関して、本日(青森県八戸出張中に)NHKの取材を受けました。19時からの「ニュース7」や21時からのニュース等で流される予定です。ぜひご覧ください。

2009.06.28

日本経済新聞に携帯電話に関して寄稿

 日本教育新聞6月1日付に、私の文章「『禁止』より向き合う姿勢 子供の携帯 社会で見守る」という文章が掲載されています。このほど、社会技術研究開発センターの「犯罪からの子どもの安全」のページにこの記事を掲載していただきました。多くの方にお読みいただければ幸いです。記事のアドレスは以下です。

http://www.anzen-kodomo.jp/pdf/int07.pdf

6/29「朝ズバ」で石川県のケータイ禁止条例についてコメント

 昨日行われたメディアリテラシー教育研究会で、TBS系「朝ズバ」の取材を受け、石川県の小中学生に携帯電話所持を原則禁止する条例についてコメントしました。明日6月29日(月)のおそらく7時30分から8時30分のどこかで放送される予定です。本件についてはこのブログにもコメントをいただいており、コメントくださった皆様に感謝申し上げます。

 いろいろとお話ししたのでどの部分が使われるかはわかりませんが、私が特に申し上げたのは、以下の2点です。

・自治体の役割は規制をすることでなく、教育の推進を含めた環境整備をすることにつとめるべきであろう。
・学校現場や地域で、「持たせないものについての指導は必要ない」という風潮が生じて、子どもたちへのメディアリテラシー教育が停滞してしまう可能性がある。

 あわせて、このブログのコメント欄にお書きいただいたご疑問について、以下の点を回答させていただきます。

1.今回の条例案では、議員提案でパブリック・コメントを受け付けることもなされていないようですし、いくつかの団体がこの条例を可決しないように要望する文書を出しているとも聞いています。十分に議論をせずに多数決で規制を決めるということは、自由主義国家における民主主義のあり方としておかしなことです。

2.他に表現の手段があるとしても、表現の自由を制限することが正当化されるわけではありません。経済活動の自由が公共の福祉のために制約されうることは当然ですが、現状で携帯電話の売買を公共の福祉のために制約してよいと考えるのは難しいでしょう。携帯電話以上に、地域社会での自動車の運転や子どもの自転車の使用は、交通事故によって多くの死傷者を出している危険なものです。しかし、石川県では県内での自動車の利用や子どもの自転車の使用を制限していないのではないでしょうか。多くの人名にかかわる自動車や自転車は容認して、それ自体が命を奪うわけではない携帯電話だけを制限するというのは、「法の下の平等」に反する偏ったやり方です。

3.改正条例が施行されれば、「危ないから使うな」という方向の指導は多くなるかもしれません。しかし、「メディアの向こう側の人を意識する」とか「効果的に情報を発信する」といった教育が進むとは考えにくいでしょう。「学校への携帯電話持ち込み禁止」が話題になって以降、すでに「持ち込み禁止にしているのだから指導する必要はない」という話が学校現場や地域で出ていることをよく聞きます。まして、使用禁止ともなれば、当然、子どもへの教育は遅れます。

4.罰則がないこと、保護者の携帯電話を継続的に借用することが制限されていないことから、ある程度意識の高い保護者が携帯電話を持たせない方向に動く可能性はあります。しかし、子どもの携帯電話使用に関する深刻なトラブルは、ルールも決めずに買い与えてその後も家庭内でのコミュニケーションが不十分であるような家庭で生じやすく、そうした家庭に対しては条例の効果はほとんどない可能性があります。

5.改正条例が施行されても中学校までで子どもたちのメディアリテラシーを高める教育が十分行われるのであれば、高校1年生が初心者ばかりでも深刻なトラブルは起きにくいのかもしれません。しかし、これまで述べたように、教育が十分に行われるとは考えにくいです。

6.携帯電話に関わる犯罪は深刻です。私もさまざまな事件の当事者の話を聞いています。だからこそ、学校での教育を進め、保護者が無責任に携帯電話を買い与えないようなしくみをつくり、子どもが利用するサイトの安全性を高め、学校や地域で大人が連携して問題に対応できるしくみをつくっていく必要があるのです。今、多くの関係者が問題解決に向けて尽力しています。条例で規制する程度で問題が解決するとは考えにくいから、教育関係者、有識者、業界関係者、行政関係者等の多くの人々が連携して取り組んでいるのです。

2009.06.22

メディアリテラシー教育研究会「モバゲータウンでの最新の取組み等について」


 以下のように研究会を行います。皆様のご参加をお待ちしています。


第16回メディアリテラシー教育研究会のご案内
  テーマ『モバゲータウンでの最新の取組み等について』

主催:日本メディアリテラシー教育推進機構
   特定非営利活動法人 企業教育研究会

日 時:2008年6月27日(土)14:00~17:00(受付13:45より)
場 所:株式会社ディー・エヌ・エー
      〒151-0053
      東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿MIDWESTビル12階(受付)
      http://www.dena.jp/company/access.html
参加費:1,000円(大学生以下無料)
定 員:15名

 新聞報道等でご承知と思いますが、モバゲータウンを含むいくつかのSNSで、
一部のコミュニティや掲示板が出会い系サイトにあたるとして、警視庁から届
け出が求められるということが起きております。他方、子どもたちの表現の自
由等を考えるために、SNSを健全に利用している子どもたちの様子をもっと明
らかにしていく必要があります。

 そこで27日の研究会では、携帯電話の安全対策をとりあげます。今回は、
第11回の研究会でもご講演いただき、携帯電話の安全対策に熱心に取り組まれ
ている株式会社ディー・エヌ・エーの渡辺文恵さんにお越しいただき、『モバ
ゲータウン』での最新の取組み等についててお話を伺います。

 さらに今回は、講師の渡辺さんのお話を伺うだけでなく、今後子どもと携帯
電話の関係、そして安全対策を、教師がどうメディアリテラシー教育に取り込
んでいくべきかを、参加者全員で討議しながら考えたいと思っております。
 皆様のご参加をお待ちしております。

<日 程>
 13:45~   受付開始
 14:00-14:20 参加者自己紹介
 14:20-15:20 『モバゲータウンでの取組み等について』
        渡辺 文恵さん
(株式会社ディー・エヌ・エー システム統括本部
        カスタマーサービス部 ネットマナー&セーフティ推進委員会)
 15:20-15:50 質疑応答
 15:50-16:10 休憩
 16:10-17:00 全体討議
        *終了後、懇親会を行う予定です。

 進 行:市野敬介(NPO法人企業教育研究会 事務局長)

【お申し込み・お問い合わせ】
 事前にE-mailでお願いします。 
     reikai@jmec01.org (例会担当 小林浩一)

【今後の予定について】
 今年度の例会・勉強会の予定は、以下のとおりです。詳細は、決まり次第、
ホームページ・メールマガジン等でお知らせいたします。

 ・研究会【定例開催】
  2009年 8月22日(土)
     10月24日(土)
     12月19日(土)
  2010年 2月20日(土) 

2009.06.03

石川県の携帯電話規制に関する報道について

 読売新聞が本日サイトのトップに「広がる小中学生の携帯規制、石川県と県議会自民が条例改正へ」を掲載している。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090603-OYT1T00960.htm?from=top

 この記事に関する現状での私の見解は以下の通り。

<小中学生に携帯電話をもたせないとする条例について>

1.県民から意見募集をした形跡もなく、唐突である。
2.規制する根拠が曖昧で、不当に表現の自由や経済活動の自由を制約するものである可能性がある。
3.この条例によって、学校における情報モラル教育、保護者や地域住民の連携といった、本来地方自治体が行うべき取り組みが弱まってしまう恐れがある。
4.罰則がないのであれば、また保護者等の携帯電話を長期借用することについての実効性ある制限がなければ、あまり実質的な意味はない。
5.県民がある程度この条例に従った場合でも高校生のほとんどが携帯電話をもつ状況は変わらないと考えられ、高校1年生が初心者ばかりで深刻なトラブルが生じる恐れがある。

<フィルタリング解除に関する制限について>

県民からの意見を募集する等の手順をふんでいる上、保護者が責任を負う場合にはフィルタリングを解除できるという条項が盛り込まれるようであり、基本的に妥当なものと言える。

<読売新聞による報道について>

重要な基本的人権である表現jの自由の不当な制約になりかねない問題であるにもかかわらず、自治体を批判するトーンがまったく見られないことは、メディアのあり方として疑問である。

千葉授業づくり研究会「いのちについて-臓器移植を通して考える-」

 藤川研究室とNPO法人企業教育研究会は、以下のように研究会を行います。皆様のご参加をお待ちしております。


●第52回定例会「千葉授業づくり研究会」のお知らせ

テーマ:『いのちについて-臓器移植を通して考える- 』

「いのちとは何か?」「健康とはなにか?」
いのちの教育は、難しいテーマです。
臓器移植法の改正審議でも多様な改正案が出ており、
考え方は様々あります。

今回は、ノバルティスファーマ株式会社の清野氏と、
同社で移植に関する仕事に携わっておられる小林氏を講師にお迎えします。

製薬会社の仕事のお話と、臓器移植を通して考える
いのちの尊さについてお話を伺います。

みなさまのご参加をお待ちしております。

日時: 6月20日(土) 16:00~18:45

ゲスト:
清野 美智恵 氏
(ノバルティスファーマ株式会社 人事・コミュニケーション本部 広報部)
小林 未央 氏
(ノバルティスファーマ株式会社 マーケティング本部
移植・免疫・感染症・呼吸器領域ビジネスフランチャイズ部)

場所: 千葉大学教育学部1号館3階 模擬授業演習教室(1317)
(JR総武線・西千葉駅もしくは京成千葉線みどり台駅いずれも徒歩10分)

スケジュール(予定):
16:00-16:15 参加者がそれぞれ自己紹介
16:15-17:15 講師の方の講演
途中,休憩をはさむ
17:15-18:45 質疑応答・自由議論
19:00- 西千葉駅近くのお店で懇親会
(終了後、近くで懇親会を開催します)

参加費:2,000円(会員は1,000円)なお、学生は無料。
(会員とは、企業教育研究会会員を指します。)

主催:千葉大学教育学部授業実践開発研究室、NPO法人企業教育研究会

参加申し込み方方法:
参加を希望される方は、
1)氏名 2)会員・非会員の別 3)〒・住所
4)電話 5)メールアドレス 6)勤務先
を明記し、下記宛にメールかFAXでお申し込みください。
E-mail:info@ace-npo.org FAX:020-4663-5605

« May 2009 | Main | July 2009 »