Twitter

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 授業における教師の発問について(twitterのまとめ) | Main | 西千葉子ども起業塾について(日本経済新聞2010年8月30日) »

2010.09.17

「ビブリオバトル」のご案内

読売新聞社の方より、以下のご案内をいただきました。サイト上に案内がないようなので、許可をいただき、ここに掲載させていただきます。

■「ビブリオバトル」へのお誘い

2010年9月 読売新聞活字文化推進会議事務局

読売新聞は今年11月3日(文化の日)、東京・丸の内の東京国際フォーラム
で開かれる東京都主催のイベント「言葉の力再生プロジェクト」において、「ビ
ブリオバトル」を開催する準備を進めています。「好きな本について熱く語りた
い!」という大学生のみなさん。ぜひ積極的なご参加をお待ちしています。

◇ビブリオバトルとは…?「ビブリオ」は資料などを意味するフランス語。立命館
大学情報理工学部の谷口忠大准教授が京都大学研究員だった2007年に考案し
た、ゲーム感覚を取り入れた全く新しいスタイルの書評合戦です。

◇ルールは…? とてもシンプルです。4~5人程度のメンバー(スピーカーとい
います)が、それぞれお気に入りの本(小説から評論、科学書まで、ジャンルは
こだわらず)を持ち寄ります。スピーカーは、読んだ本について5分プレゼンを
行い、自分たちの言葉で本の面白さをつたえます。プレゼンが終わると、3分間、
他のスピーカーや観客から質問を受け、本の内容について議論します。スピーカ
ーのプレゼンがすべて終了すると、最後にスピーカーと観客による多数決で「ど
の本が一番読んでみたくなったか?」を基準に、『チャンプ本』を決定します。

◇試合の雰囲気は? 参加者が熱く語るビブリオバトルの模様はユーチューブ(
http://www.youtube.com/watch?v=uKmO5SziWdE)などの動画サイトにアップされ
ています。一度のぞいて雰囲気を感じ取っていただければ幸いです。

◇メリットは? 大きくいって4つあります。(1)本を通して人を知る(2)
人を通して本を知る(3)プレゼン能力の向上(4)効果的な読書の後押し――も
し、ご興味があれば、ぜひ下記の連絡先までご連絡をいただければ幸いです。

活字文化推進会議事務局(読売新聞東京本社5階)

(担当)白水(しろうず)、和田

◇メール katsuji@yomiuri.com
◇TEL 03-6739-6169
◇FAX 03-3217-4309

« 授業における教師の発問について(twitterのまとめ) | Main | 西千葉子ども起業塾について(日本経済新聞2010年8月30日) »

「お知らせ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20600/49476168

Listed below are links to weblogs that reference 「ビブリオバトル」のご案内:

« 授業における教師の発問について(twitterのまとめ) | Main | 西千葉子ども起業塾について(日本経済新聞2010年8月30日) »