Twitter

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« August 2011 | Main | October 2011 »

September 2011

2011.09.30

袖ヶ浦高校情報コミュニケーション科訪問で考えた、10年後の普通の教育

 本日9月30日(金)、千葉県立袖ヶ浦高等学校を学生たちと訪問し、2011年度新設された情報コミュニケーション科(定員40名)の授業を見せていただいたり先生方のお話をうかがったりしまsた。公開研究会の形がとられたため、遠隔地からの参加者も含め、30名前後の方々が参加されました。記憶が新しいうちに、感じたこと、考えたこと等も含めて記しておきます。

 袖ヶ浦高校情報コミュニケーション科では、全生徒にiPad2を持たせています。これは学校が貸与するのでなく、各家庭で購入するものです。入学前から受験生に「iPadを購入してもらう」ことを知らせてあり、購入について家庭からの苦情は出ていないとのこと。Wi-Fiのみと3Gつきのどちらでもよく、容量も自由に決めてよいということでしたが、学校で共同購入のような形で購入させたようです。アップル・ジャパンと綿密な打合せの上で取り組まれたようです。ちなみに、3G付きにした生徒は40名中1名のみで、残り39名はWi-Fiのみ。学校内の生徒が使う教室等は基本的にWi-Fiが使える環境なので、学校で使うには3Gである必要はありません。学校のWi-Fiには当然フィルタリングがかかっており、有害コンテンツへのアクセスはできません。

 日常のiPad使用ルールは、当初に生徒たちに話し合わせて決めたそうです。授業中に関係のないことはしない、学校で充電はしない等。注目されている学校の生徒であることを自覚し、誇りをもって自分たちで考えさせる指導をされたわけで、なるほどと思います。

 どの授業でも、iPadは自由に使ってよいことになっています。ネットで調べたり、pdf化した資料を読んだりといったことは日常行われています。何かを写真やビデオで残すといったこともあります。また、授業の感想はクローズドにしたTwitterアカウントで共有されています。教師も生徒も短時間で全員の感想を読めるというのは、非常に大きな意義あることと言えます。

 この情報コミュニケーション科が目指すのは、情報技術を専門的に学ばせることでなく、10年後の普通科がしているであろうことなのだそうです。カメラもマイクもスピーカーも内蔵され、ネット接続可能でさまざまなアプリが使える情報端末を全員が日常的に使い、他の人とも未来の自分とも情報を共有し、見えづらいものを見えやすくする。こうしたことが、iPadのような汎用的な端末で、特別なソフトを使わずにできるということです。

 もしかしたら、わが研究室の状況はこれにかなり近いのかなと感じました。私も学生たちも、特別な情報技術はなくとも、ノート型PC、スマートフォン、iPad等の機器を日常的に使っていて、授業でも打合せでも当たり前のように使います。自分たちの経験や考えを頻繁に交流し、過去の財産がネットで蓄積されている。撮影、録音は当然。遠隔地とSkype等で会議も行う。外部の方々との交流も多く、ネットも対面も組み合わせて、ゆるやかなつながりを広げている。わが研究室では時間をかけてこのような状況になってきたわけですが、袖ヶ浦高校ではiPadを全員にもたせることで一気に「10年後」水準の環境がつくられたことになります。

 本日授業を見させていただき、生徒たちが作業に熱心に取り組んでいることや、自分の言葉でプレゼンをしていることが印象的でした。もともと資質のあった人が入学したということもあるのかもしれませんが、日頃から互いの考えや成果を共有する機会が多く、少人数の世界に閉じこもっていないことが重要なのではないかと感じました。自分の思いは必ず聴いてもらえる、自分も他の人の話を聞く、といったことに対する信頼が築かれており、「サボってやろう」とか「プレゼンを失敗しないように原稿を書いておこう」などと考えることがなくなっているように思います。

 袖ヶ浦高校情報コミュニケーション科の実践は、今後のデジタル教科書等をめぐる議論の中で、必ず注目されることと思います。今後の展開が非常に楽しみです。

Kenbikyo

↑顕微鏡にiPadのカメラを置き、花粉の写真を撮影。 


Keynote

↑撮影した顕微鏡写真をKeynoteですぐにプレゼン資料に。


Presen

↑少人数のプレゼンでiPadが活躍。

袖ヶ浦高校講演資料「誰のための情報活用!?」

 本日、学生たちとともに、千葉県立袖ヶ浦高等学校にうかがっています。
 袖ヶ浦高校には今年度から情報コミュニケーション科(定員40名)が設置され、生徒全員がiPadを利用しています。
 このあとの「情報コミュニケーション」の授業で、私が生徒さんたちに話をさせていただくことになっています。生徒さんのiPadには講演資料を入れていただいているのですが、本日ご見学の方も多いため、講演資料をこちらにも掲載させていただきます。

「sodegaura20110930.pdf」をダウンロード

 

2011.09.24

10/1(土)明日の教室(京都)で「授業に関わって」をテーマに講演します

 若い教師、教師を目指す人のための勉強会「明日の教室」。私たちは東京分校を運営していますが、発祥は京都です。その京都の「明日の教室」で、10月1日(土)、講演をさせていただくことになりました。

 ご案内や申込方法については、以下のページをご覧ください。

  http://kokucheese.com/event/index/17966/

 以下のようなことをお話しさせていただく予定です。他ではこんなふうに話したことはありません。ぜひお聞きいただきたい内容です。

1.授業づくり/授業研究のトレンド
 1960年代/1970年代/1980年代/1990年代/2000年代/2010年代
 水道方式/仮説実験授業/教育技術の法則化運動/授業づくりネットワーク/築地久子学級
 すぐに使える授業づくりのヒント(授業の基本構造/発問の技術/指示の発見/子どもの思考を支える学習リソース/対応で問われる即興の力/授業のストーリーをどう構成するか/授業を支えるルール/教師のパフォーマンス術)

2.メディアリテラシー教育のこれから
 メディアリテラシーとは
 メディア依存の懸念
 スーパー戦隊シリーズはなぜ2月に始まる?
 送り手の意図を見破る
 世田谷区立駒繋小学校の情報モラル授業例
 大震災直後の情報支援、メディアリテラシー

3.外部との連携
 外部との連携がなぜ必要か?
 子どもの環境の変化
 学校×企業・NPO・地域、学校×アーティスト、子ども×企業・行政×大学、教師×企業・NPO、住民×行政×大学
 外部発想で考える授業づくり(「人」への共感、子どもの承認欲求、身体に依拠した学力)
 千葉大附属中「社会とつながる数学」

 

2011.09.22

「明日の教室」東京分校 英語発音指導への提言 「英語耳」松澤喜好先生を迎えて

 まもなく9月も終わり、今年度は後半に入ります。各研究会等も再開していきます。

 10月1日(土)、2日(日)と、東西で連続して、若い教師、教師を目指す人のための勉強会「明日の教室」が開かれます。10月1日の京都では、不詳私、藤川がお話をさせていただく予定です。そして、2日(日)は「明日の教室」東京分校に、「英語耳」シリーズの著者である松澤喜好先生をお迎えして、「日本の小・中学校・高等学校における発音指導への提言」 をテーマにお話をいただきます。

 すでに学校現場では外国語を母語とする子どもが多くなっており、教育研究でも世界に向けた発信が重要となっています。言うまでもなく、小学校英語をどうするかという課題もあります。私も「英語耳」の本を購入し、毎日少しずつでも、カーペンターズ等の英語の歌を聴いたりしながら、当日を心待ちにしているところです。

 皆様のご参加をお待ちしています。

第10回 明日の教室東京分校

日 時:平成23年10月2日(日) 13:30~17:00

講 師:松澤喜好先生(「英語耳」著者、元東洋大学講師)

テーマ:「日本の小・中学校・高等学校における発音指導への提言」
    ~英語音声のキーポイントとその発音を可能にする実技トレイニング~

"大学生、成人の発音指導を通じて明らかになった日本人の苦手な発音について、高校生までに習得しておくべき英語の発音の基本を小・中学校・高等学校の英語の先生、および関連される方々に理解していただき、実際に体験していただきます!”

参加費 大人 2000円  学生 1000円

講座修了後、懇親会を予定しています。松澤先生と講義内容について膝詰めで話すことができるチャンスです。こちらにも是非参加してください!! 

詳細、申込は以下のページからお願いします。

http://kokucheese.com/event/index/17238/



2011.09.20

日本教育工学会全国大会、よい形で参加するために

 昨日までの3日間、首都大学東京にて開催された日本教育工学会に参加してきました。日本教育工学会の全国大会は大変活気があり、参加者も約1000名と多く、充実した大会です。ただ、それだけにあまり準備をしないで当日参加すると、右往左往してしまいます。他の学会との異同等については検討が必要かもしれませんが、とりあえず記憶が新しいうちに、日本教育工学会の全国大会によい形で参加するために、私がやったことややろうと思ったことを書いておきます。

1.全日程参加する

 興味のあるところだけ参加しようとか、あいている時間に観光しようなど思ってしまいがちですが、少なくとも私にはどのプログラムも有意義なので1年前からフル参加できるように日程をあけてあります。費用も確保して、よい場所(大会推薦のところ等)に宿を早めに確保します。懇親会も、ワカモノ飲み会も参加します。なお、プログラムが非常に多いので、事前にプログラムが公開されたら早めに目を通し、自分が参加するものを選んで、プログラム名や会場等の情報をGoogleカレンダーに入れておきます(そうすればスマホですぐに確認できます)。

2.発表をする

 早くから大会に向けて発表を準備し、口頭発表もしくはポスター発表をします。発表で得られるものが多いことはもちろんですが、発表をすることで学会メンバーとしての当事者意識がもてます。

3.TwitterやFacebookで発信する

 大会前から、大会に参加することをTwitterやFacebookで発信します。自分の発表の宣伝もしますし、大会の事前情報を知ることもできます。準備で疑問があればそれを書くと、詳しい人が教えてくれます。昨年度も今年度も、Twitterではハッシュタグが決まっていました。

4.人見知り対策

 実は私は人見知りで、何もない状況でいろいろな人に話しかけるのがあまり得意ではありません。積極的に発信して声をかけてもらうようにしたり、交流が得意な人(私の場合には研究生の元気な学生たち)とともに行動したりすることによって、なんとか交流の場を乗り切れます。名刺を大量に(100枚くらい)持っていき、とりあえず名刺交換するというのも、人見知りにとってはやりやすい人間関係づくりの方法です。名刺交換させていただいた方はFacebookやTwitterを利用している場合が多いので、早めに友達申請したりフォローしたりします。

5.大会中のネット利用準備を万全に

 考えたことをTwitterで発信しながら参加すると、発言があまりできなくても考察や交流を深めることができます。関連する論文等を調べることも必要です。どこでもノートPC等をネットにつないで使えるようにしたいものです。問題は電源と接続方法。電源についてはノートPCとiPad+外付けキーボードを併用して対応しました(毎晩充電すれば計10時間以上使用可能)。接続については、今回の首都大学ではWi-Fiが使えましたが、使えない場合もあり、私の場合にはWiMAXとb-mobileの2つの回線を使えるようにしています。

 日本教育工学会、私はかなり前から会員なのですが、これまであまり積極的に参加していませんでした。しかし、昨年くらいから力を入れて参加するようにしています。来年は長崎で開催。また1年かけて発表の準備をして、よい形で参加したいと思っています。

2011.09.17

日本教育工学会第27回全国大会発表「教師が越境する学習の場づくりの成果と課題」

 本日、日本教育工学会第27回全国大会で、私ども研究室の福嶋俊が発表した「教師が越境する学習の場づくりの成果と課題」の発表資料を掲載します。メディアリテラシー教育研究会を教師の「越境」の場としてとらえたものです。

発表概要(pdf)をダウンロード
当日発表資料(pdf)をダウンロード

日本教育工学会第27回全国大会発表「東日本大震災以降の情報支援とメディアリテラシー」

 本日から19日(月)まで首都大学東京で開催されている、日本教育工学会第27回全国大会に参加しています。先ほど、「東日本大震災以降の情報支援とメディアリテラシー」というテーマで口頭発表を行いました。発表が終わりましたので、発表資料を以下に掲載いたします。

発表概要(pdf)をダウンロード
当日表示資料(pdf)をダウンロード

2011.09.15

日本教育工学会第27回全国大会 関連発表一覧

 来る9月17日(土)~19日(祝)、首都大学東京にて開催される日本教育工学会第27回全国大会に、学生たちとともに参加します。多摩センター駅近くに宿もとり、3日間基本的にすべての時間帯のプログラムに参加する予定です。多くの方々と交流できればと思っております。学会中、できるだけTwitterで学会の様子を発信していきたいと考えています。

 今回は学生たちも多くの発表をしますが、私個人でも発表をさせていただくことにしました。教育工学や情報教育に携わる方々と、震災後の経験について交流したいと考えたからです。利己的な情報発信から、利他的な情報発信、メディアを利用した社会貢献へという問題提起をさせていただきます。

 私個人、研究室、NPO法人企業教育研究会等で以下の発表を予定しています。静岡大学塩田研究室関連の発表も含めて記します。(発表順、○印は発表者,◎印は研究奨励賞対象の発表者)


一般研究1 口頭発表 メディア教育・メディアリテラシー(1)
9月17日(土) 10:00~12:00 会場:202

1a-202-02
東日本大震災発生以降の情報支援とメディアリテラシー
○藤川 大祐 [千葉大学]

1a-202-03
教師が越境する学習の場づくりの成果と課題
 -「メディアリテラシー教育研究会」の実践をもとに-
◎福嶋 俊 [企業教育研究会], 近藤 麻紀子 [千葉大学], 関谷 紳吾 [千葉大学], 藤川 大祐 [千葉大学]


一般研究3 ポスター
9月18日(日) 11:40~12:50 会場:105

P2a-105-15
大学生によるインターネットリテラシーの授業実践開発
◎小池 翔太 [千葉大学], 稲葉 匠 [武蔵大学], 平田 夏鈴 [ガイアックス], 蔵田 三沙代 [ガイアックス]

P2a-105-17
学校教育におけるゲームリテラシーの試み
 ー「テレビゲームとのつきあい方」を考える授業の開発ー
◎深川 愛子 [千葉大学], 塩田 真吾 [静岡大学], 阿部 学 [千葉大学], 藤川 大祐 [千葉大学], 福永 憲一 [ソニー・コンピュータエンタテインメント]

P2a-105-42
アニメーション教材を活用した数学史の授業
 中学校数学「図形の証明」における授業開発
◎阿部 学 [千葉大学], 塩田 真吾 [静岡大学], 藤川 大祐 [千葉大学], 古谷 成司 [富里市教育委員会], 市野 敬介 [企業教育研究会], 荒崎 智史 [企業教育研究会]


一般研究4 ポスター
9月19日(日) 12:00~13:10 会場:105

P3a-105-24
タブレット端末を活用した産学連携授業のパッケージ化の試み
 浜松のものづくり企業との連携授業を事例に
◎塩田 真吾 [静岡大学], 小林 渓太 [静岡大学], 小川 まゆ [静岡大学], 高柳 真 [TRINC]

P3a-105-53
東日本大震災発生直後における情報支援モデルの試み
 ― 「SAVE TAMURA」を事例に ―
○近藤 麻紀子 [千葉大学], 福嶋 俊 [企業教育研究会], 阿部 学 [千葉大学], 藤川 大祐 [千葉大学]

2011.09.10

麻布中学校1年生対象情報モラル教育の授業

 本日、東京・港区の私立麻布中学校1年生7クラスで、学生たちとともに情報モラル教育の授業(50分、1コマ)をしてきました。

 麻布中学校(と麻布高校)は私の出身校ということもあり、以前に情報モラル教育への協力を依頼されていました。1学年7クラスなので、少々大変ではあったのですが、クラスごとに授業をすることとなり、NPO法人企業教育研究会の学生スタッフたちと計7名で7クラスを担当し、補助のスタッフを含めて11名の大所帯で麻布中学校にうかがいました。

 今回の授業は、NPO法人企業教育研究会が、ソフトバンクモバイル及びNHKエデュケーショナルとともに進めているプロジェクト「考えよう、ケータイ」の一環として取り組みました。「考えよう、ケータイ」では、堀田龍也先生や宗我部義則先生とともに監修させていただいたNHKの番組「ブログ社会の落とし穴」等に含まれる10分ほどのドラマを使い、生徒たちに問題点等を考えてもらうものです。学校側と相談の結果、今回はこの中の「情報発信編」を基本とすることにしました。

 しかし、私立男子校で多くの公立中学校とは状況が異なる麻布中学校向けに、いくつかのアレンジを行うことにしました。具体的には以下の通りです。

・映像教材が女子がストーカーに遭う問題を強調しているので、不適切な情報発信から男子が被害に遭った事件例(暴走族の格好をまねした写真をプロフに掲載した中学生が暴走族に暴行された事件)を補助的に取り上げた。
・中1でメール中心に携帯電話を使っている生徒が多い状況をふまえて、サイトでのトラブルに加えて、メールでの発信でもトラブルが起きうること(送信先を間違える、端末を他の人に見られる等)を指摘した。
・生徒たちの知的好奇心に期待して、最近の事件事例をできるだけ罪名や関連の法律にふれて紹介した(威力業務妨害罪、決闘罪、侮辱罪等)。
・将来の情報利用に向けた意識喚起を考え、大学生等で生じている炎上等の社会的制裁の事例をいくつか示し、不用意な発信をすることへの注意を喚起するとともに、過剰な社会的制裁がなされるネット社会でよいのかとう問いかけをした。

 私は明示的に、「今日は、全国で実施しているプログラムをベースに、麻布向けのスペシャルの内容を加えて授業をします」と宣言して授業をしました。「スペシャル」ということを生徒たちは喜んでくれたようで、アレンジを加えた準備をしてよかったと思っています。

 私から見ると33年後輩にあたる中1の生徒たちは、とても反応がよく、映像教材の細かいところにもいろいろなことを言ってくれ、意見もどんどん出してくれました。学生たちも各クラスで反応がよく楽しかったと言っていました。1回だけの授業ではありますが、彼らが情報発信について考えるきっかけになってくれればと思っています。

 私たちは企業教育研究会で、全国の学校に教材を提供したり出前授業にうかがったりしています。基本的には全国共通のプログラムで実施していますが、今回のように時にはその学校に向けたアレンジをして教材や授業のレパートリーを広げることも重要です。今回はよい機会を与えていただきました。

追記 麻布中学校のホームページで今回の授業の様子が紹介されています。
http://www.azabu-jh.ed.jp/kinkyou/2011nendo/m1keitai/m1keitailesson.htm

« August 2011 | Main | October 2011 »